2019年09月08日

3Dプリンター2台目

実はちょっと前に2台目の3Dプリンターを買ってました
精度とかは1台目のFLASHFORGE CreatorProでだいたい満足しているので、小さめで安くて弄れるのが欲しかったので、あえて片持ちアームのこれにしました
61Luww4RMBL._SL1000_.jpg

Amazon LINGLONG
現在は品切れみたいですが18888円で買いました
梱包はこんな感じで縦のフレームが外れた状態で入っていました
付属品もどっさり
IMG_1009.JPG

リールの置き場とかいろいろかさばるので、ひとまとめにできるようにイレクターで台を設計
市販のジョイントで組むことができない部分はもちろん3Dプリンターでジョイントを作ります
RP_013.jpg

完成状態
白いジョイントパーツが3Dプリント品です
IMG_1291.JPG

グレーのスティックはRaspberry Pi Zero Wで作ったOctoPrintです
今回は空冷ファンも仕込んでみました
IMG_1288.JPGIMG_1289.JPG

メインで使っているFLASHFORGE CreatorProのOctoPrintも空冷ファン追加
IMG_1293.JPG

同時駆動しているときでもブラウザを2つ立ち上げて確認することもできます
もちろんスマホやタブレットでも動かせるし操作系が同じになるのがいいですねー
RP_012.jpg
posted by ASURADA at 11:21| Comment(0) | 3Dプリンター

2019年08月28日

DTAラムちゃん

デスクトップアーミー版ラムちゃん出来ました
一応レシピ
顔、前髪は公式シルフィーの3Dデータを3Dプリント
後ろ髪、もみあげ、ツノは3Dデータから自作
ボディは「よこち超獣店」さんのガレージキットです

塗装が荒いのは勘弁で(笑)
頑張ったんですがフィギュアの塗装なんてウン十年ぶりで筆を持つ手が震えましたです、ハイ
しかしこのサイズでこの可動でピタッとボースが決まるのは凄いですね〜
IMG_1262.JPGIMG_1263.JPG
IMG_1264.JPGIMG_1265.JPG

logo_data.jpg
このコンテンツは「デスクトップアーミーライセンス」に基づいて創作、提供されています。
posted by ASURADA at 22:34| Comment(2) | 3Dプリンター

2019年08月25日

デスクトップアーミー素体(その2)

デスクトップアーミー素体の写真をCADに貼りこんで後ろ髪をロングにしてデザイン
dta_01.jpg

前髪と顔は公式データのシルフィーのままで組み込むとこうなります・・・はい、もうおわかりですよね
IMG_1258.JPG

更にもみあげとツノを追加
dta_02.jpg
IMG_1261.JPG

ただいま塗装作業に入ったところです

logo_data.jpg
このコンテンツは「デスクトップアーミーライセンス」に基づいて創作、提供されています。
posted by ASURADA at 21:44| Comment(0) | 3Dプリンター

2019年08月16日

デスクトップアーミー素体(その1)

さてデスクトップアーミーの頭部を用意します
STLデータは公式のシルフィーを使わせていただきます
肌色(ぽぃ)ABSフィラメントを使用して0.05ピッチで出力
ABSはあまり使わないので条件がまだいまいちかな?
IMG_1243.jpg

表面の積層跡もさることながら実の問題は首が造形されていることです
素体ボディには首があるので合わないのですね
IMG_1245.JPG

というわけで首を削り飛ばしてジョイントの入る穴をモーターツールでゴーリゴリ掘りました
お肌の表面も積層跡が見えなくなる程度にはヤスリ掛けしました
IMG_1248.JPG

取り合えずヘッドオン!
ちょっと肌の色が違うけどまぁこんなもんかな
次は髪の毛を作って目を入れてみますかね
IMG_1249.JPG

logo_data.jpg
このコンテンツは「デスクトップアーミーライセンス」に基づいて創作、提供されています。
posted by ASURADA at 08:09| Comment(0) | 3Dプリンター

2019年07月29日

WF2019夏

唐突に思い立ってワンフェスに行ってまいりました
朝5時に出発し日帰り強行スケジュールで行ってみましたがまぁなんとかなるもんですね

とりあえず見に行ったのはバンダイ食玩コーナーの天竜神
さすがのプロポーションですが、タイヤの位置を見るにこれは肩カバーをビークルのキャビンにするのは無理かな
足も細くって単体ロボの胴体も入りそうにないですね
IMG_0010.jpg

上から撮ってみました(おぃ)
肩の付根関節も造形されていたり、肩パーツはすでに分割ラインらしきものもあるので、もうほぼ製品と同等と考えてよさそうですね
ちなみに胸部装甲は2重になっているっぽいですね(笑)
IMG_0027.jpg

移動してスタジオハーフアイの超銀河グレンラガン
ド迫力です
戦艦形態みてぇー、変形ギミックみてぇー
つーかネジめちゃめちゃ細いですねこれ
お聞きしたら1.0mm、1.6mm、2.0mmの3種のネジを使っているそうです
IMG_0013.jpg
IMG_0012.jpg

で今回買ってきたのはこちら
狙っていたわけではなくたまたま目に止まったデスクトップアーミー用の可動素体です
ディーラーさんの名前は憶えていなかったのですが、ググってみたら「よこち式可動ボディ」でヒットしました
1/35の可動フィギュアも置いてあったのですが、いかんせんウチには乗せられそうな戦車が無いのでDTAのボティにしました
こっちは公式のSTLデータがあるのでヘッドだけ出力すればよいかなと
IMG_1219.jpg
IMG_1222.jpg

関節は針金(テクノロートってやつかな)で繋がっていてこんなポーズで保持できるし、足裏にはしれっと磁石が仕込んでありましたよ
うまい棒レモン味はおまけで頂きました(まだ食ってない)
IMG_1223.jpg

一応これも貼っておいた方がよいのかな
logo_data.jpg
このコンテンツは「デスクトップアーミーライセンス」に基づいて創作、提供されています。
posted by ASURADA at 21:19| Comment(4) | 日記