2019年12月31日

ミニプロッター

CNC1419の調整のために情報収集していてオリジナルマインドさんのページを見ていたらこんなのを発見
技術解説Arduinoでメカトロニクス製品を動かそう
ここを見ていたらやりたくなってしまってArduino UnoとCNCシールドを買ってみました(2630円)
Amazon
IMG_1415.JPG

モーターは以前秋葉に行ったときに秋月電子で買ったMDP-35A、200円x3個(通販ページには現在無いようです)を接続して動作確認


本体は3Dプリンターで出力できるサイズで3軸ステージを組み合わせて3DCADで設計します
モーターもフレームもおもちゃみたいなものなので切削加工は最初から諦めペンを持たせてプロッターにすることを目標にしました
XYZ_001.jpg

送りネジとシャフトはステンレスの物を近所のホームセンターで調達しました
ネジは3mm径なので0.5mmピッチになり、モーター2回転で1mm進むことになります
IMG_1425.JPG

ベアリングは手持ちのジャンクサーボから分解して調達
IMG_1439.jpg

こんな感じで送り軸を組みました
ハンドル付け根の黄色いパーツがベアリングです
3dp_02.jpg

3Dプリンターで出力
なんかすごく糸をひいています・・・
IMG_1420.JPG

一通り完成状態
ワークテーブルはCNC1419で2mmアクリル板から削り出しました
IMG_1430.JPGIMG_1431.JPG

動作確認(ネタはまぁアレです)
紙はマグネットをプレートのネジに貼りつけて固定してます


出力結果
ちょっと丸が繋がっていなかったりして方向が切り替わる変曲点でバックラッシュによる誤差が発生しているようです
IMG_1433.JPG

ネジピッチが細かいのでガタは無いだろうと思っていましたが、どうもモーターとベアリングまでリジットに組んでいるためモーターの軸のガタが出ているようです
そこでベアリングをダブルにしてネジを単独で支えモーターはつなげてあるだけの状態にしました
3dp_03.jpg

ベアリングはバラすときに壊れてしまったのと数が無かったので近所の模型屋さんでミニ四駆のローラーベアリングを買ってきました
IMG_1434.JPG

ベアリングはフレームに直接組み込んでいたためフレームから出力し直し(材料が尽きたため、上のフレームの色が変わりました)
ついでに原点復帰用にリミットスイッチを仕込みました
IMG_1436.jpgIMG_1437.jpg

原点復帰動作


出力結果比較
左が前回ので右が今回のです
イデのゲージの下の部分が繋がっていたり、大きな「O」の文字が歪んでいないように見えるのでバックラッシュは減ったと思います
IMG_1438.jpg
【CNCの最新記事】
posted by ASURADA at 11:42| Comment(0) | CNC

2019年12月03日

CNC1419

NCフライスのCNC1419を買ってしまいました
オリジナルマインドの古いの(ほぼ初代かな)は所持しているのですが、なんか弄りたくなってネットを検索していたらこの赤いのがヒット!!
CNC1208というのもあったのですが、加工エリアが広そうなのとテーブルではなく本体が前後に動くのがオリマイのと違って面白そうだったので1419にしました
61hs+XeZf2L._SL1000_.jpg

ポチッてから1週間ほどで到着
なんか開封した跡があってガムテープで再梱包してありました(税関で開けたらしい)
IMG_1361.jpg

アルミフレームと板材だけなのであまり直角とか気にしなくても組み立てられますが、組立て説明書のようなものは無く「Youtubeの動画を見ながら組んでね」なスタンスだったんで見たんですが早送りでひたすら組んでいるだけなんですねー(一応ボルトのサイズとかは出たけど)


ネットを検索していたら組立手順をUPしてる方がいらっしゃいましたので、ありがたく参考にして組み立てました
ここでスピンドルモータのブラケットがカタログと違うのに気が付く
まぁL型ブラケットよりは強度がありそうでよさそうです
IMG_1371.jpgIMG_1369.jpg

最初は木材とかを彫ってみました
楽しい(笑)
IMG_1376.jpgIMG_1378.jpg

続いてアルミ板
こっちは振動がすごくて条件を落として無理矢理削りました
IMG_1382.jpg

久々に曲げ
IMG_1385.jpg

出来たのはレーザーユニットの取付ブラケット・・・
IMG_1387.jpg

いやどう考えてもこのモーターのブラケットでは付けられなかったので作りましたよ
IMG_1381.jpg

3Dプリンターでケーブルベアを作ってみたり
流石に1体成形ではなく関節ごとに出力して組み立ててますが(笑)
IMG_1404.jpg

ガタ対策は送りネジのアンチバックラッシュ用のバネを交換したり
IMG_1390.jpg

Z軸をひっくり返して刃物軸を短くしてブレないように考えたりしていますがまだいまいちアルミをサクサクとは削れません
IMG_1414.jpg

どうもX軸(左右方向)の2本のシャフトのガタが大きく、刃物が上下に暴れているような感じ
なんか調整する手段は無いかと考えているのだけど、このままではどうにも無理かな
いっそX軸のシャフトを1本追加して3本にしたらいいかなー
posted by ASURADA at 23:17| Comment(0) | CNC

2019年11月11日

Timelapseで動画撮影

Youtubeでこんな動画を見かけました


どうやって撮影しているか暫くわかんなかったんですが、たぶん1コマづつ撮影するときにヘッドを移動しているのではないかと推測して検索したところ、どうも「Octoprint」のプラグインでこういう動画を撮影する用に「Octolapse」というのがあるのが判りました

とりあえずインストールしてwikiを(Google翻訳で)見ながら設定してしてみたけど、どうにもうまくいかない
諦めかけていたところでふと気が付きました
そもそもプラグインに頼らなくても標準で「Timelapse」という機能があるのですね
撮影タイミングの設定が
・一定時間間隔
・Z軸が移動したとき
が選べます
で、Z軸が移動したときのタイミングで撮影したのがこちら
(DELMOの初音ミク ヴィネット サイズ66%)


ヘッドがバタバタ動いて騒々しいんですが一定速度でZ軸が動いているのが判るかと思います
Z軸が移動するタイミングで撮影するので、ならばZが動く前にXY軸を決まった位置に移動すればよいと考えました
「Simplify3D」が生成したGコードを見てみると丁寧に「layer 7, Z = 1.035」とコメントアウトしてあるのでその次に出てくる「G1 Z1.035 F1200」が実際に動くコマンドということになります


G1 X1.957 Y-3.700 E0.1168
G1 E-1.0000 F1200
; layer 7, Z = 1.035
; feature inner perimeter
; tool H0.150 W0.400
G1 Z1.035 F1200
G1 X4.000 Y4.000 F4200


というわけで「G1 Z1.035 F1200」の前に「G1 X120 Y70 F3000」を入れておけば1層分の出力が終わるたびにX120、Y70の位置にヘッドが動くわけです
ちなみにZの上下に入れてある「G4 P0」ドゥェル0秒は先読み禁止です
これを入れておかないとヘッドが止まりきらないんですね
それでもブレるときはP0→P100とかにして停止時間を調整します


G1 X1.957 Y-3.700 E0.1168
G1 E-1.0000 F1200
; layer 7, Z = 1.035
; feature inner perimeter
; tool H0.150 W0.400
G1 X120 Y70 F3000
G4 P0

G1 Z1.035 F1200
G4 P0
G1 X4.000 Y4.000 F4200


実際は100レイヤーあったら100カ所のテキスト修正が必要になるわけですが、そこはそれ同じことの繰り返しなんで秀丸エディタでマクロを組んで自動修正しました

LINGLONGで撮影してみたのがこちらです
(よくあるテストプリント用の船)


FLASHFORGE Creator Proはカメラの位置を上からに変えてみました
(立ちHANAKO サイズ50%)
posted by ASURADA at 20:55| Comment(0) | 3Dプリンター

2019年10月24日

How to 一体関節

実はいまさらながらTwitterを始めまして、ちょっとしたことはそちらで書いているのでブログの更新がおろそかになっています
今後はTwitterでつぶやいたことの覚書にするのか大物を製作するときだけブログにするのかイマイチ方向性を決められないでいます
暫くはTwitterと内容が重複したりしなかったりすると思いますがご了承下さい

といったところで本題です
TwitterでレザリオンDVDの発売に乗っかって以前製作した完全変形版を貼ったら思いのほか「いいね」と「RT」をいただきました
ウチでたまにやっている一体出力関節(ヒンジ)がやはり興味を引くみたいなので少し解説したいと思います

お題はレザリオンフレームの太腿です
LZ_020.jpg

透視図にするとこんな風になっています
つまり円錐の軸受けですね
LZ_021.jpg

真横から見るとこんな感じです
出力方向もこの姿勢限定で行います(理由は後述)
見ての通り上のヒンジも下のヒンジも傘の様に配置します
LZ_022.jpg

なんとなく上を傘、下をすり鉢にしたくなりますがこれは出力時の失敗率が上がります
LZ_022A.jpg

スライサーにのせてみます
この状態で下から1層づつ成形されるわけです
LZ_023.jpg

問題は傘の上に傘が乗るとき(ロケット鉛筆みたいに)空中に浮くところです
ただ傘式はかろうじて本体につながっているため位置がずれるようなことはありません
LZ_024.jpg

しかし、すり鉢式にした場合、円錐が出来上がるまで空中で成形せねばならず形状が安定しなかったり、最悪外れて無くなって軸にならないときもあります
LZ_025.jpg

とまぁ縦に置いた場合のヒンジはこんな感じで作っています
posted by ASURADA at 08:41| Comment(0) | レザリオン

2019年09月08日

3Dプリンター2台目

実はちょっと前に2台目の3Dプリンターを買ってました
精度とかは1台目のFLASHFORGE CreatorProでだいたい満足しているので、小さめで安くて弄れるのが欲しかったので、あえて片持ちアームのこれにしました
61Luww4RMBL._SL1000_.jpg

Amazon LINGLONG
現在は品切れみたいですが18888円で買いました
梱包はこんな感じで縦のフレームが外れた状態で入っていました
付属品もどっさり
IMG_1009.JPG

リールの置き場とかいろいろかさばるので、ひとまとめにできるようにイレクターで台を設計
市販のジョイントで組むことができない部分はもちろん3Dプリンターでジョイントを作ります
RP_013.jpg

完成状態
白いジョイントパーツが3Dプリント品です
IMG_1291.JPG

グレーのスティックはRaspberry Pi Zero Wで作ったOctoPrintです
今回は空冷ファンも仕込んでみました
IMG_1288.JPGIMG_1289.JPG

メインで使っているFLASHFORGE CreatorProのOctoPrintも空冷ファン追加
IMG_1293.JPG

同時駆動しているときでもブラウザを2つ立ち上げて確認することもできます
もちろんスマホやタブレットでも動かせるし操作系が同じになるのがいいですねー
RP_012.jpg
posted by ASURADA at 11:21| Comment(0) | 3Dプリンター