2018年04月10日

ポリキャップ

間が空いてしまいました
3Dプリンターは使っていたのですが、実用品ばかり作っていたので記事になるようなものが無かったんですね
ストラトスもあれっきり放置中です・・・

タイトル通りポリキャップを買ってきました
私の作るロボは基本的に真鍮線の軸打ちなんですが、ヘタるとどうにもならないので使ってみようかなーっと
IMG_0210.JPG

とりあえずパッケージの裏に載っている方法で埋め込んでみようかと思ったのですが左右にパーツを分割して挟み込むしかなさそうです
IMG_0211.JPG

とりあえずポリキャップをモデリングします
PC_01.jpg

次に埋め込むわけですが、関節のみ分割してポリキャップを挟み込んでユニット状態にしてから本体に差し込むように設計してみました
PC_02.jpg

こーやって挟み込んで
IMG_0212.JPG
IMG_0213.JPG

関節ごと押し込んで
IMG_0214.JPG
IMG_0215.JPG

できあがり
IMG_0217.JPG
IMG_0218.JPG

パーティングラインも出なくていい感じになったんですが、いかんせんパーツが多くなってしまうし小さい関節が作れません
そんなわけでテイク2
今度はポリキャップに直接軸打ちするようにしてみました
PC_03.jpg

ポリキャップを本体に直接仕込んで横から真鍮線を打ちます
IMG_0219.JPG
IMG_0220.JPG

相手の部分は上のと同じです
IMG_0221.JPG

こっちのパターンは横から軸が見えてしまうという欠点がありますが、まー私の作品はいつもそうだし(笑)
わりと見た目もいい感じになったし渋みもあるので、ロボの膝とか重量のかかる部分に順次使っていこうかと思います
posted by ASURADA at 23:48| Comment(0) | 3Dプリンター