2018年09月16日

pomera修理

ちょっと間が空いてますが、最近は実用品ばかり作っています
それも会社で使うスタンドのツマミとかスイッチのケースだとか面白くないものばかりなのでブログのネタにもならないのですね

でも今日はちょっと毛色の違うものをつくったのでちょっとだけ紹介をっと
ブツはKINGJIMのpomera DM10という電子メモパッドです
折りたたみキーボードのヒンジが砕けてしまったのですね
ただキーボードは生きているので修理することにしました
(現行機を買いなおすと高いのよね、DM10は6000円くらいの時に買ったのでなおさらで)
IMG_0498.jpg

当初はキーボードの黒い枠ごと3Dプリンター品に置き換えようと思ったのですが・・・無理(笑)
ヒンジが小さすぎだし分解したら元に戻せない自信がありますね
IMG_0499.jpg

まー私は家で使っているだけで持ち歩くわけではないので折りたたみ機能はこの際諦めて、開いたまま固定する補強パーツを作ることにしました
この赤と青のパーツを3Dプリンターで作ってキーボードを固定するわけです
キーボードは畳めませんがモニターはまだ畳めます
pmr_01.jpg

このくらいのパーツはちゃっちゃと出力します
IMG_0501.jpg

組んでみたの図
3個のパーツは2mmのビスとナットで固定しました
実用品なんで真鍮線の軸打ちではちょっとね(笑)
IMG_0502.jpg

裏から見るとこんな感じ
作ったパーツは本体の足の高さに合わせてあるのでタイピング中にぐらぐらしない予定です
IMG_0503.jpg
posted by ASURADA at 23:09| Comment(0) | 3Dプリンター