2018年12月19日

レザリオン(完成)

レザリオン完成しました
LZN_01.jpg

旧玩具の「超電送ロボDXレザリオン」をベースにアニメ設定の変形を再現すべく再設計しました
LZN_02.jpg

ではいきます、「テイクオフ」
フレームから12個の内部ユニットが外れ、頭部の小型ジェットにパイロットの香取敬が乗り込みます
LZN_03.jpg

「レーザーコマンド」
内部ユニットが組み合わさり、大型ジェットを形成、さらにコックピットの小型ジェットを収納します
各ユニット間を接続するジョイントは引き出し式かマグネットにしてあり、ブロック時にはツライチになるようにしています(でっぱりがあるとフレームに入らないのです)
ほぼ設定どおりの変形をしますが、機首部分が伸びるところは折りたたみ収納に変更しています
LZN_04.jpg

完成、レーザーファイター
LZN_05.jpg

内部ユニットは組み方を変え、戦車モードにもなります
胴体ユニットはファイター時から裏返して開いてコックピットを収納します
フロントタイヤはどんでん返しで展開します
LZN_06.jpg

主砲展開
ファイターの機首部と同様、折りたたみ式収納にしています
LZN_07.jpg

完成、レーザータンク
LZN_08.jpg

小型ジェットは単独でロボモードにもなります
脚部は畳んで畳んで長さを稼ぎました
腕部はレザリオン時の耳に相当する部分しか収納スペースが無く、どうにも収まりません
そこで翼の付け根部分の外装をマジックハンドの一部に見立ててみました
LZN_09.jpg

サスガニチイサクテキツカッタデスネ・・・
LZN_10.jpg

内部ユニットが抜けたフレームです
この状態で先に戦場へ電送され、パイロットはレーザーファイターで追っかけます
LZN_20.jpg

このフレームは「超電送ロボ」同様に折りたたむことができます
多数のヒンジで構成されていますが、同じ色の部品はヒンジや肘、膝といった関節ごと3Dプリンターで一体出力しています
色違いの部品同士はいつものように真鍮線で軸打ちしています
LZN_21.jpg

「超電送ロボ」と折りたたんだ状態で
LZN_22.jpg

フレームだけでも自立行動できる設定ですが、パワーは1/10に落ちるため戦闘時には内部ユニットと合体する必要があります
「マトリックスイン!」
LZN_23.jpg

「レザリオンただいま参上」
LZN_24.jpg

ビームバズーカ装備
ダイターンに引き続き、指も3Dプリンターで一体出力で5本とも独立して第3関節まで動きます
ここまで小さいとさすがに失敗も多く、何度も出力を繰り返しました(成功率は20%くらいかな)
LZN_25.jpg

レーザーバトルギア
LZN_30.jpg

LZN_31.jpg

LZN_32.jpg

LZN_33.jpg

LZN_34.jpg

中盤からの強化装備、レーザーバトルギアを装着した「フルアーマーレザリオン」です
フルアーマーは玩具オリジナルの呼び方です
LZN_35.jpg

2連アームガンはアニメでレーザーバトルギア装着バンクを見る限り左腕だけのようなので右手はオミットしました
ガンの基部のままではなんなので、なんかランチャーっぽいデザインにしてみました(右腕の形状がよくわからないのですよ)
ただ玩具は両手ともについているし、劇中でも右手についていたりいなかったりするので必要に応して両手ともに使える設定なのかもしれません
(実は右手のガン付きギアも作ってはあるんですけどね)
LZN_36.jpg

全パーツ展開
LZN_40.jpg
posted by ASURADA at 19:08| Comment(0) | レザリオン

2018年12月16日

ほぼ出力完了

ほぼ出力完了しました
あとは小物(手持ち武器とか)を作ったら完成です
いやなんつーか・・・カッコいいですね(自画自賛)
完成記事はまたあらためて書きます
IMG_0678.jpg
posted by ASURADA at 21:04| Comment(0) | レザリオン

2018年12月09日

カラー出力 その2(+α)

カラー出力を進めつつまたしても可動ハンドユニットを設計していました
まーレザリオンの手だし全部同じ指でいいかなと(笑)
ちなみに青と赤の部品は全て同一パーツです
LZ_008.jpg

例によって一体出力
IMG_0671.jpg

テーブルから剥がしてキコキコひねると出来上がりです
フル可動とはいきませんが一応第3関節まで曲がるし、物も持てます
実際はそう簡単ではなく設計や条件を変更しながらなんども失敗を繰り返してたまたま成功した両手分なんですけどね
カラー出力の方も地道に進めてます
IMG_0675.JPG

ここまで小さい可動ハンドは流石に厳しかったですねー
似たような手のサイズの人と比較でMGガンダムVer.Ka(エモーションマニピュレータではないですが)
IMG_0677.JPG

あとこれも設計してます
LZ_007.jpg
posted by ASURADA at 18:06| Comment(2) | レザリオン

2018年12月03日

ラズパイ

秋葉土産とか言って友人からラズベリーパイ一式をいただきました
ラズパイ自体は前から気にはなっていたのでありがたく使わせていただきます
で、こんなセットなんですが・・・
 Raspberry Pi3 B
 DAC
 16GBSD(Volumio2インストール済み)
 ACアダプタ
IMG_0662.jpg

なんでもオーディオ屋さんで買ってきてこれだけあればとりあえず音楽プレーヤーになるんだそうです
まずはラズパイとDACを合体
IMG_0665.jpg

続いてSDをスロットに、音楽ファイルを入れたUSBメモリ挿して電源ON
タブレットでラズパイのアクセスポイントに接続するだけですぐ使えました
IMG_0658.jpg

とりあえず3Dプリンター持ちはケースから始めましょうかね・・・
ネットで拾った寸法図とノギス1本で3DCAD化してみました
これが入るようにケースをデザインしていきます
RP_001.jpg

DACを外したところ
いやピンヘッダを描く意味は無いんですけどね(笑)
RP_002.jpg
posted by ASURADA at 22:36| Comment(0) | Raspberry Pi

カラー出力 その1

色分フレームは現状こんな感じです
さすがに一体出力で色分けは無理なんで色が変わるところで別々に出力して片側だけ軸打ち工法で組んでます
胴体はどうにもならなかったので全部軸打ちしています
色が付くとフレームにパーツが入ってるのが良く見えてよいですねー
IMG_0660.jpg
posted by ASURADA at 22:01| Comment(0) | レザリオン