2017年01月29日

変形ギミック考察

ライドバック仕様のPS250(以下PS250RBと呼ぶことにします)の変形ギミックも1から考え直しました
以前のものはカウル内部から手足が生えてくるだけだったため、非常に薄っぺらい手足しか付けられなくってどうやってもカッコ悪かったんですね
当初はライダーが乗ったままスタンディングフォームまで変形することを目標にしてライダーが乗るスペースを触らないようにしていたのでどうもうまくできませんでした
image_012.jpg

今回の再設計にあたり通常のバイクからライドバックになる過程では一度ライダーが乗りなおす前提にしました
ライドバックは公道での走行はできないという設定ですからサーキットについてから変形させる、ってイメージです
今回のバージョンではカウルも手足の一部として展開し、かなりシルエットも変化します
細部の変更はまだしますが大雑把なギミックはこれで行こうかと思いますimage_010.jpg
image_011.jpg

posted by ASURADA at 22:49| Comment(0) | PS250
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。