2017年08月12日

完全変形合体 光速電神アルベガス(完成)

完全変形合体アルベガス 完成しました
トップ画像は当時の超合金のBOX風に仕立ててみました
00.jpg

では単体ロボより紹介していきます
α【アルファ】ロボ
円条寺大作の機動性の高いロボです
デザインは「◇」菱形が取り入れられています
01.JPG

β【ベータ】ロボ
神哲也の飛行能力のあるロボです
デザインは「□」四角が取り入れられています
02.JPG

γ【ガンマ】ロボ
水木ほたるの水中戦の得意なロボです
デザインは「〇」丸が取り入れられています
03.JPG

大作「2人とも合体するぞ」
哲也、ほたる「おぉ!!」
「デンジン ディメンジョーン」
04.JPG

αは胸の幅を広げて下半身を切り離し
劇中では太腿から下のみ切り離していますが腰から切り離すように変更しています
腹部は胸の中に収納します
05.JPG

β、γも同様に切り離し
06.JPG

肩カバーを開いてから腕全体を反転
これにより腕を開く関節の位置が下になって相対的に上腕が伸びたように見えます
07.JPG

前腕を開いて内側のパネルを展開、再度組みなおすと前腕が一回り太くなります
08.jpg

βとγはパネルを開いて空になったスペースに拳を収納します
09.JPG

脛のサイドパネルを一旦開いて太腿を収納
パネルを閉じるときは一段外側のヒンジで畳みます
これにより足首、太腿、腰の幅が揃います
10.JPG

γとβの足を合体
更にαの足を上に合体(αの足の幅は広げていません)
11.JPG

γ、腕を背中に回しながら胸の幅を少しだけ広げます
12.JPG

γの上にβを載せてから1回転
13.JPG

更にαを載せて足を接続
14.JPG

光速電神アルベガス!!
15.JPG

デンジンディメンジョン
頭からα、β、γの順に合体した、地上戦に特化した形態
「光速電神アルベガス」とはこの形態を指す
基本性能は全体的に他の形態よりかなり上である万能型
(解説文はwikiより参照させていただいてます)
16.JPG

サンバイ剣ーー!!
17.JPG

この美しい地球を悪魔の手で汚す者は許さない!光速電神アルベガス!
18.JPG

もちろん他のディメンジョンも組み換え可能です
マグマディメンジョン 
頭からβ、γ、αの順に合体した、地中や灼熱の環境下での戦闘に特化した形態
デリンジャー要塞の推進器に飛び込んでも平気なほど耐熱に優れている
19.JPG

マリンディメンジョン
頭からγ、α、βの順に合体した、水中戦に特化した形態
γロボの特徴を引き継ぎ、最もパワーファイトを得意とする形態
20.JPG

スペースディメンジョン
頭からα、γ、βの順に合体した、宇宙航行と戦闘に特化した形態
なお、この形態に合体しなければ宇宙を航行できないという訳ではなく全形態・各ロボ単体での大気圏脱出・宇宙航行が可能である
21.JPG

スカイディメンジョン
頭からβ、α、γの順に合体した、空中戦に特化した形態。最高速度はM5
22.JPG

レスキューディメンジョン
頭からγ、β、αの順に合体した、救助作業と防御を主目的とした形態
23.JPG

さて、ここからは本編の設定とは関係ありません
私の妄想ですのでご了承願います
δ【デルタ】ロボ
水木教授が新たに作り上げたロボット
気圧制御装置を搭載しており、周囲の突風や竜巻を操ることができます
デザインは「×」バッテンを取り入れてみました(ゲームパッドのボタンをヒントにしました)
24.JPG

ε【イプシロン】ロボ
電撃攻撃を得意とするロボットです
デザインは「▽」逆三角を取り入れてみました

水木教授「大作君、この2体と合体するんだ!!」
大作「えぇ!!」
25.JPG

大作「二人ともイチかバチかやってみるぞ」
哲也「それしか方法は無さそうだな」
ほたる「準備いいわよ」
「スーパー デンジン ディメンジョーンーー」
キラッ!!
26.jpg

超光速電神スーパーアルベガス!!!
(腕の付け根と下駄の接続には補助パーツを使用しております)
27.JPG

ゴバイ剣ーーーーー!!!
この美しい地球を悪魔の手で汚す者は許さない!超光速電神スーパーアルベガス!
28.JPG
ホントはもっとブンドドしたかったんですが、ポロリが酷くてなかなかポーズがつけられなかったので断念しました

サイズは単体ロボで9.5cm、3体合体で14cmくらいです
29.JPG
posted by ASURADA at 16:06| Comment(4) | アルベガス
この記事へのコメント
完成おめでとうございます❗
今回も素晴らしい精度のギミック、遊んでみたくなりました🎵

オリジナル追加ロボも楽しい!
Posted by ごんちゃっく at 2017年08月15日 07:32
ありがとうございます

今回CADで描けても「ホントにこれ成り立つのか?」な部分が多くて胸と腕はたくさん試作を作りました
で、胸の残骸を横にして当ててみたらなんか肩になりそうな感じがしたので追加の2機を作ってしまいました
楽しんでいただけたようでなによりです
Posted by ASURADA at 2017年08月15日 22:33
久しぶりのコメントになります。

これは素晴らしいです。
あの難のあると言ってもいい合体ギミックをこのサイズでここまで纏め上げれるとは・・・
プロポーションもバランスが取れていてとてもかっこいい。
よもやアルベガスで腰のくびれが見れるとは思いませんでしたw

これからも時々拝見させていただきます。
色々な物を楽しんで作っていってください。
Posted by 醤油 at 2017年09月26日 07:39
ありがとうございます
当初、腹担当ロボを後ろにズラして合体すれば段差は再現できるんじゃないかと考えました
ついでに胸と腰が開くんで隙間に食い込ませれば・・・
三体合体までは比較的設計も楽だったんですが、六変化になると途端に難易度が上がりましたね
どのロボも胸にも腰にもなるというところで悩まされました
地味に頭部の収納が難しかった
時間ができたら3DCADの断面図でもUPしてみましょうか
Posted by ASURADA at 2017年09月27日 08:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。