2018年05月02日

一体出力ロボ

前回作った無限キューブの関節がいい感じだったんでロボに使用してみました
そのまま出力できるように背面は平らになるようにしています
首や胴の捻りとかは片軸のため宙に浮いた状態で成型することになるので軸の下側にサポートを付けるための四角い穴をあけてます
ITTAI001.jpg

組んだ状態でスライサーに載せます
ITTAI002.jpg

出力完了(約1.5時間)
IMG_0242.JPG

剥がして関節をキコキコひねっただけの状態です
身長は約75mm
IMG_0248.JPG

こんなんですがわりと動きます
(軸配置は2足歩行ロボを作っていたころのサーボの配置だなーと自分で思ったり)
IMG_0246.JPG

足裏に磁石を仕込んだのでダイナミックなポーズも付けられます
ただ現状は片軸の関節のテンションがうまくかからなくてプラプラなので、まだ調整が必要です
IMG_0247.JPG
posted by ASURADA at 23:13| Comment(0) | 3Dプリンター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。