2019年01月04日

ラズパイ台車1号

ロボット化の第一歩、移動台車を作りました
構造材はタミヤの楽しい工作シリーズのユニバーサルプレート
動作確認用に手っ取り早く形にしたかったので、家にあった部材だけで組みました
IMG_0825.jpg

最上段にブレッドボードを貼りつけて回路のテストをしています
サーボは前回使ったマイクロサーボ
ボードに載っているのは移動用モータの駆動用にモータードライバ(TA7267BP)x2
注)このICの制御電圧は6〜18Vなんで実はラズパイの5Vでは足りてません
 手持ちであったので使ってみただけでとりあえず繋いだら動いたのでよしとしました

IMG_0830.jpg

最後尾に載っているのはラズパイ用の電源のモバイルバッテリー
動力と制御の電源はとりあえず分けました
IMG_0826.jpg

ギヤボックスもタミヤの工作シリーズのもの
タイヤはナロータイヤセットだったかな?
それにボールアジャスタもタミヤです
黒いボックスは動力用電源で単3ニッケル水素が4本
IMG_0827.jpg

ラズパイは裏返して搭載しています
IMG_0828.jpg

こうするとメカデッキを開いたときに線が引っ張られないのでよいのです
(ジャンパーがすぐ抜けるので)
IMG_0829.jpg

ラズパイは家庭内のネットワークにWiFi接続しておいて、WindowsPCからリモートデスクトップ接続をかけてデバックしています
とりあえずPythonで数字を入力すると決められた動作をするというところまで作りました
動作中の動画です

移動中にサーボが動いてしまっているのは電源の供給不足かな〜
今はとりあえずパソコンから操作しているけどスマホとかから操作できるようにしてみたいですね
あとはカメラを付けて見ながら操作してみたいね(笑)
【Raspberry Piの最新記事】
posted by ASURADA at 22:33| Comment(2) | Raspberry Pi
この記事へのコメント
凄いですねぇ〜
ラズパイここで初めて知りました。
そしてググりました!
こんなに有能だとは、動画観てびっくりです!
このまま変形ロボ希望{笑}

Posted by at 2019年01月06日 12:26
私もマイコンと言えばPICくらいしか使ったことが無かったので軽くカルチャーショックしていますよ
特にGUIな開発環境と当たり前に使える無線がいいですねー

今は車両型でちょっと面白いところまで作りたいので極めてから(飽きたらとも言う)手足のあるロボットを作ろうかと思っています
Posted by ASURADA at 2019年01月07日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。