2019年11月11日

Timelapseで動画撮影

Youtubeでこんな動画を見かけました


どうやって撮影しているか暫くわかんなかったんですが、たぶん1コマづつ撮影するときにヘッドを移動しているのではないかと推測して検索したところ、どうも「Octoprint」のプラグインでこういう動画を撮影する用に「Octolapse」というのがあるのが判りました

とりあえずインストールしてwikiを(Google翻訳で)見ながら設定してしてみたけど、どうにもうまくいかない
諦めかけていたところでふと気が付きました
そもそもプラグインに頼らなくても標準で「Timelapse」という機能があるのですね
撮影タイミングの設定が
・一定時間間隔
・Z軸が移動したとき
が選べます
で、Z軸が移動したときのタイミングで撮影したのがこちら
(DELMOの初音ミク ヴィネット サイズ66%)


ヘッドがバタバタ動いて騒々しいんですが一定速度でZ軸が動いているのが判るかと思います
Z軸が移動するタイミングで撮影するので、ならばZが動く前にXY軸を決まった位置に移動すればよいと考えました
「Simplify3D」が生成したGコードを見てみると丁寧に「layer 7, Z = 1.035」とコメントアウトしてあるのでその次に出てくる「G1 Z1.035 F1200」が実際に動くコマンドということになります


G1 X1.957 Y-3.700 E0.1168
G1 E-1.0000 F1200
; layer 7, Z = 1.035
; feature inner perimeter
; tool H0.150 W0.400
G1 Z1.035 F1200
G1 X4.000 Y4.000 F4200


というわけで「G1 Z1.035 F1200」の前に「G1 X120 Y70 F3000」を入れておけば1層分の出力が終わるたびにX120、Y70の位置にヘッドが動くわけです
ちなみにZの上下に入れてある「G4 P0」ドゥェル0秒は先読み禁止です
これを入れておかないとヘッドが止まりきらないんですね
それでもブレるときはP0→P100とかにして停止時間を調整します


G1 X1.957 Y-3.700 E0.1168
G1 E-1.0000 F1200
; layer 7, Z = 1.035
; feature inner perimeter
; tool H0.150 W0.400
G1 X120 Y70 F3000
G4 P0

G1 Z1.035 F1200
G4 P0
G1 X4.000 Y4.000 F4200


実際は100レイヤーあったら100カ所のテキスト修正が必要になるわけですが、そこはそれ同じことの繰り返しなんで秀丸エディタでマクロを組んで自動修正しました

LINGLONGで撮影してみたのがこちらです
(よくあるテストプリント用の船)


FLASHFORGE Creator Proはカメラの位置を上からに変えてみました
(立ちHANAKO サイズ50%)
posted by ASURADA at 20:55| Comment(0) | 3Dプリンター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。