2020年04月26日

メガスクリーン(目がスクリーン)

久しぶりにスーパーロボット超合金のマイクを引っ張り出してきました
バリバリーンは3Dプリンタの自作品です)
劇中のマイクの目はスクリーンになっていて色々表示しているのでリアルにモニターを仕込んでみたら?という発想です
IMG_1539.jpg

本体を分解して干渉する部分をリューターで削り込み、0.96インチのOLEDディスプレイを押し込みます
頭の上の方がどうにも収まらなかったのでOLEDの基板も一部削り込みました
胴体の白い部分は3Dプリンタで作ったスペーサーです
IMG_1533.JPGIMG_1534.JPG

とりあえずArduinoNanoをSPI接続で外付けして動作テスト
とりあえず表示は出来ました
IMG_1535.JPG

本番はArduinoProMiniにしてバックパック内に固定しました
手前の基板はUSBシリアル変換で、完成後は不要になります
IMG_1538.JPG

スクリーンに表示する絵ですが、当初はビットマップをそのまま表示するつもりでしたが、メモリの容量が足りないため都度描画する方法にしました
目は丸の組み合わせで描けたので動かすのも比較的容易でしたが、問題はシステムチャンジ時のト音記号です
しばらく悩んでExcelで線を引いてからセルを塗りつぶしてから座標を拾いました
XY座標でLineでつなげていけば拡大縮小も楽というわけです
(8ビットパソコン時代は640x200ドットのトレーシングペーパーでCG描いててたなー、俺)
ト音記号.jpg

動作動画です
posted by ASURADA at 09:22| Comment(0) | 超合金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。