2018年11月04日

下半身フレーム

足1本分モデリングできたので出力し直し
IMG_0583.jpg

腰パーツ(仮)も作ってとりあえず大地に立つ
腰も一体出力したのでこれで全3パーツ、接続は2mmビス2本のみです
現状のデザインは旧DX玩具ベースのまま関節を仕込んでます
この後TV設定寄りにデザインを修正するつもりなんですが、なんかこのままでも味が合っていいですね(笑)
IMG_0584.jpg

可動はこのくらいします
足首や腰の付け根の関節はこのロボット特有デザインを尊重し、ボールジョイントとかではなく軸の組み合わせで作ってます
IMG_0586.jpg

畳めます・・・が、腰の後のパネルは出力に失敗して動きませんでした・・・
IMG_0588.jpg
posted by ASURADA at 22:14| Comment(3) | レザリオン

2018年10月27日

フレーム検討 その2

勢いで太腿と膝関節までモデリング
LZ_004.jpg

これを膝関節も含めていっぺんにスライサーにかけます
LZ_003.jpg

まとめて出力
IMG_0547.jpg

出力完了(ついでに内部コアのダミーも作りました)
IMG_0550.jpg

マトリックスイン
膝も曲げられますが角度はいまいち
IMG_0551.jpg

もちろん畳めます
IMG_0554.jpg
posted by ASURADA at 21:14| Comment(0) | レザリオン

フレーム検討

まずはパンタグラフなフレームの検討から始めました
とりあえず脛のパーツを設計して、満足いくものができたら次の部位に移ります
現状はこんな感じで金属ピンは使用せずに組んだまま一体出力でトライ中です
LZ_002.jpg

テスト出力
なんとか畳めました
IMG_0545.JPG
posted by ASURADA at 14:58| Comment(0) | レザリオン

2018年10月22日

キ・ミ・ニ 夢はあるか

ビデオ戦士レザリオンのモデリングを開始
とりあえず当時品の超合金の正面と側面の写真を撮って3Dデータにするところから始めます
まだギミックとかは全然考えていませんがベースになるものが欲しいのでとりあえずそのままスキャン
「ジャービス、デジタルワイヤーフレームモデルを作ってくれ、操作できるモデルが欲しい」
ですね
ここからギミックやプロポーションを弄っていきます
LZ_001.jpg

並行して作りたいものもあるので今回はのんびり進行予定です
posted by ASURADA at 21:03| Comment(0) | レザリオン

2018年09月30日

スマホのクレードル

前回作ったスマホケースのCADデータをもとにクレードルを設計してみました
通常のUSB TypeCケーブルをそのまま使用して埋め込みます
コネクターをクランプする部分は別パーツにしてあるので、ケーブルを変更するときはここの部分だけ作り直せば対応できます
SH-M05_002.jpg

出力してみるとこんな感じ
これでも5時間くらいかかってます
IMG_0519.JPG
IMG_0517.JPG
posted by ASURADA at 19:33| Comment(0) | 3Dプリンター