2017年06月28日

1/8ラジコンボディ その3

何回か失敗を重ねてやっとそこそこのものが出力できました
時間があればもう1回トライしたいところですがなんせ1回あたり15時間はかかるんで悩ましい
とりあえずタイヤ&ホイールを2色同時出力で作ってみました
こっちはわりといい感じ
エンジンのヘッドとエアクリーナーを先に作ってまずは一式揃えてみようかな
IMG_2589.jpg
posted by ASURADA at 05:20| Comment(0) | 3Dプリンター

2017年06月19日

1/8ラジコンボディ その2

ラジコンボティの続きです
モデリング自体は写真を見ながらこんな感じかなーっとフィーリングで作っていまして、無理してオリジナルをコピーしようとはしていません
エンジンやタイヤとかの小物もまだ仮です
R-02.jpg

さてここからが本題
こんな模様を入れてみました
まぁなんとなく想像がつくと思いますが・・・
R-03.jpg

一定の角度から見ると文字が浮かび上がるってヤツですね
R-04.jpg

デュアルノズルで文字も同時出力するつもりなんで、こんな分割になっています
R-05.jpg

まともに出力すると凄く時間がかかるので、とりあえず0.2mmピッチ、充填率20%でテスト出力してみます
下から順に積層されるので出力中はこんなふうになります
IMG_2569.jpg

テスト出力終了
段差がガタガタなのは想定内なのでおいといて、文字の白い部分に青がにじんでしまっている部分が2色刷りの難しいところなんですね
最後はボディを立てるか、傾けて出力するのでもう少しまともになるはずです
IMG_2572.jpg

角度限定でこのように見えます
こちらはほぼ成功ですね
IMG_2574.jpg
posted by ASURADA at 00:26| Comment(0) | 3Dプリンター

2017年06月13日

1/8ラジコンボディ

昔通っていたRCカー屋さんが7月に閉店すると当時のRC仲間から連絡を受けまして、1度皆で顔を出そうということになりました
手ぶらで行くのもなんなので、とりあえず当時使っていた1/8エンジンカーをモデリング開始
形状も名前もよく思い出せんので画像検索して「これかなー」ってのを見ながらそれっぽく描いただけです
R-01.jpg
あっ、さすがに変形しませんよ、せいぜいエアロモードとかブーストとか・・・しません
そっちはそっちでいつか真面目に作りたいですけどね、ハンドルネームにしているし
posted by ASURADA at 05:52| Comment(0) | 3Dプリンター

2017年05月28日

ギャスカル出力完了

ギャスカルの出力が完了しました
「そもそも元ネタ何よ」という方はこちら「バンダイキャンディスタッフBLOG」をご覧ください

まずはギャスカル
作ったパーツは顔、尻尾、爪で他のパーツはミニプラガオガイガーをそのまま使用しております
塗装は一切しておらず、すべて整形色のみの再現となっています
ヒゲはプリンターが出力を開始するときに捨て打ちしてできる端材を利用しました
いわば0.4mm径PLAの伸ばしランナーですね
001.jpg

尻尾も同様で色ごとに出力して組み合わせています
金色ぽぃ色はABSで(PLAの手持ちが無かった)組み合わせ精度が出なくて苦労しました
002.jpg

アライガー形態
爪が小さくなって自立しにくいかと思ったら尻尾で3点支持になってちょっとラッキー
爪の色はバンダイが作ったのは白なんですが、ラスカルなら黒かなーと、だったら体も黄色くしないとなんですがね・・・
003.jpg

ではファイナルウォッシュ!!
口パーツは差し替えで開いた状態も作りました
004.jpg

ガオッ、アライッ、ガーーーー
005.jpg

ついに我々が待ち望んだ勇気と名作の合体が実現した!
その名も洗濯王ガオアライガー!!
006.jpg
007.jpg

尻尾はちゃんと後ろに向けられるように回転ギミックを本家の様に仕込みました
008.jpg

ちょっとこだわったのがギャスカルヘッドと鬣の間の隙間
顔自体はちょい後ろまで造形して、さらにアライガー時には後ろにスライドして隙間を減らす工夫をしてます
009.jpg
010.jpg
posted by ASURADA at 14:34| Comment(0) | ガオアライガー

2017年05月26日

完全変形キングジェイダー 補足1

ミニプラ開発が発表された影響でうちのブログの観覧数があがってドキドキしております
せっかくなので完成記事でに説明しきれていなかった部分をちょっと解説していきたいと思います
36.jpg

今回はキングの腕ですね
前腕の側面に反中間子砲が付いているので素立ちするときはガワラ曲げをしたいんですよね
関節のデザインを崩さずにどう曲げるかかなり悩んで、結果的には90度ひねった2重関節でそれぞれの方向に曲げられるようにしました
38.jpg

続いてはジェイダー時に足の幅が狭くなるギミック
実は反中間子砲の下で広がって隙間を見え辛くしていたんですね
砲を取り付ける軸の上の2本のピンは開いたときにスッポ抜けないようにするストッパーになっています
裏はキングの掌を塞ぐフタを2重ヒンジにして幅が広がったところにフタを落とし込むようにしています
(親指が収まりきらなくてちょいはみ出してますけど・・・)
つま先、踵は傾ける方向にも可動軸が仕込んであって、接地性も考えてあります
37.jpg

ではまたネタが無い時に続きを書きたいと思います
posted by ASURADA at 23:37| Comment(2) | キングジェイダー